接骨院を開くには|POSシステムでビジネスをスムーズに|販売管理に欠かせないツール

POSシステムでビジネスをスムーズに|販売管理に欠かせないツール

婦人

接骨院を開くには

施術

資格を取得

接骨院を開業するためには、柔道整復師の資格を取得する必要があります。国家資格である柔道整復師は、大学や専門学校で3年以上勉強すれば、受験資格が得られます。国家試験を受けて合格することで、この資格を取得できます。専門学校の中には、昼間以外に夜間に通える学校がありますから、接骨院で働きながら柔道整復師の資格を取得することもできます。資格を持っていなくても、接骨院で事務仕事や助手的な仕事をすることは可能です。しかし、開業するためには、柔道整復師の資格が必要になります。柔道整復師の国家試験の合格率ですが、平均して70%と高いので、大学や専門学校などで真面目に勉強していれば、受かることができる数字ではないでしょうか。

接骨院の仕事内容

国家資格に合格して柔道整復師の資格を持つことで、接骨院を開業することができます。接骨院が行っている仕事ですが、打撲や骨折、捻挫や脱臼などを治療する仕事です。外科の場合は手術を行いますが、柔道整復師は西洋医学のような投薬や手術を行うことなく、手技で治療をするのが特徴です。接骨院では、東洋医学の考え方が基本になっており、人間の持つ自然治癒力を利用して施術を行います。治療の際に、マッサージなどを行っている接骨院もあります。柔道整復師は接骨院を開業する以外に、スポーツトレーナーとして開業することも可能です。スポーツトレーナーになる場合は、スポーツ選手に湿布やテーピングなどを施して、ケガを改善させることになるでしょう。